選ばれる理由

職人の高い技術力と責任感

土間工事で豊富な実績がある楠根工業の職人達は、高い技術を持っているのはもちろん、一つ一つの仕事にプロとしての責任を持って取り組んでおります。
また社内独自の研修制度により技術をしっかり覚えてから現場にでるので、技術も品質も安心です。
職人の高い技術力と責任感参考画像01
職人の高い技術力と責任感参考画像02
職人の高い技術力と責任感参考画像03

技術を支える豊富な設備

工事中

コンクリート(床・壁面)表面仕上工法のご紹介

スタンプコンクリート

タイル・レンガから天然石、木目などを自然の風合いそのままに美しく表現し、デザイン性に優れた景観を創出します。さらに、スタンプコンクリートは高い耐久性・耐気候性と簡便なメンテナンス性能を持つことも大きな特徴。美しい床をつくるだけでなく、快適かつ経済的な生活環境の実現をも果たすことが可能です。

スタンプウォール

スタンプコンクリートの技術を壁面にも。 どのような壁材・形状にも対応し、美しいスタンプ模様を作り出す、宮国工業の「スタンプウォール」をご紹介いたします。「スタンプウォール」は、住まいやマンションの外壁だけでなく、ブロック壁や門柱・花壇などのエクステリアなど思い通りの場所へ施工が可能。皆様の理想を実現する風景を自在におつくりいただけます。

コンクリートカーペット

コンクリート表面に、天然石やレンガ・タイルなどの風合いを表現する床材「コンクリートカーペット」。 先進のアクリル樹脂を配合のプレミックスモルタルを用い、優れた耐久性と芸術性を実現しました。新築・既設のコンクリートに対して、コテもしくは吹き付けで薄塗りするだけの簡単な施工で、美しい床面・壁面を実現することができます。

ステンシルコンクリート

タイルやレンガを組み合わせたような、曲線や円によるパターンを数多く取り揃える工法、ステンシルコンクリート。 簡単な施工で美しい模様を表現できるだけでなく、同時に平坦で滑りにくい床面を作り出すこともできます。バリアフリーを意識した床や滑りにくいプールサイドの実現など、人に優しい街づくりのために、ぜひステンシルコンクリートをご活用ください。
コンクリート表面仕上工法参考画像01
コンクリート表面仕上工法参考画像02
コンクリート表面仕上工法参考画像03

ノンスリップ スロープ丸型滑り止め施工のご紹介

コンクリートの打設および天端均し

仕様書に基づいた指定のコンクリートを使用し、打込み後木ゴテまたは、アルミ定規・SLトンボ等にて天端均しを行なう。
生コンクリート表面に乗って作業を行う必要制から、スランプは〇型滑り止め施工は12cm、最大でも15cm以下が望ましい。
平面普通処理施工は15cm、最大でも18cm以下での打設が望まれる。
打設方向・順序・打設量など施工において打ち合わせの必要な部分は、事前に監督員と行う。
コンクリート表面仕上工法参考画像01
打設準備
コンクリート表面仕上工法参考画像02
コンクリート天端均し後
下向きの矢印画像

O型ゴムリング配置

コンクリートの天端均し後、滑り止めリング標準配置図を基準として定規に合わせてO型ゴムリングを配置する。
割付指定のある場合、打合せを行ない指示を受ける。
コンクリート表面仕上工法参考画像03
割り付け定規に沿って、丸型ゴムリング配置
コンクリート表面仕上工法参考画像04
ゴムリング配置中
コンクリート表面仕上工法参考画像05
足場板に乗り、ゴムリング埋め込み中
下向きの矢印画像

天端不陸均し

コンクリート表面仕上工法参考画像06
ゴムリングの上から不陸調整
埋め込み作業の終了後は〇型ゴムリングが入ったままの状態で天端を木ゴテや回転ゴテ(ハンドトロウェル)で浮陸を充分に均し平滑にする。
下向きの矢印画像

刷毛引き仕上げ

コンクリート表面仕上工法参考画像07
不陸調整後、専用ブラシで刷毛引き仕上げ
指定のある場合を除き、平滑に均した後、専用シダーコートブラシで横断方向に刷毛目をつける。
下向きの矢印画像

O型ゴムリングの抜き取り

コンクリート表面仕上工法参考画像08
刷毛引き仕上げ後、ゴムリング抜き取り
刷毛引き上げ後、埋め込んだ〇型ゴムリングを錐状の物で抜き取る。
抜き取りで品質管理上問題のある場合は、監督員と打合せをする。
下向きの矢印画像

自主検査

コンクリート表面仕上工法参考画像09
完成
仕上がりを自主検査する。
下向きの矢印画像

養生と開放

コンクリート表面仕上工法参考画像10
引き渡し後約1週間後
コンクリート面解放とする場合。真空処理後 4日(標準)

迅速な施工でリーズナブルな価格を実現

通常のコンクリート養生に比べ強制的に水分を除去する、真空コンクリート工法により養生期間が短縮されます。
真空コンクリート施工方法の流れ
コンクリート均し作業後、現場既定のピッチで専用定規を使用し、Oリングの埋め込みを行う。※リングなしの場合は、省く。
下向きの矢印画像
施工面にベースパット、サクションマットを引き込み後、真空ポンプとサクションマットを接続しコンクリート中の余剰水を吸引し初期強度を高める。
下向きの矢印画像
真空ポンプによる余剰水吸引後すみやかにベースパット及びサクションマットを巻き取りトロウェルを使用し表面の不陸修正を行う。
下向きの矢印画像
仕上げ面に刷毛引きを施した後にOリングを抜き取る。

お客様のご要望にお応えします

弊社はこれまで、左官・土間を専門として施工しておりましたが、多くのお客様から左官工事以外にもリフォームや電気工事、水まわりのトラブル等の「困った」という声をいただく機会がありました。
そこで弊社では、そういったお客様の「困った」を解決するするために、左官・土間工事以外にも、リフォームや電気工事、水回りのトラブルに対しても施工させていただきます。
今後も楠根工業はお客様のご要望にできるかぎりお応えしていきたいと考えております。